ご挨拶

”現代のスタイルにマッチするアンティーク”

それがダーリアンの扱うアンティークの基本です。


私がアンティークを意識した最初の出会いはかつて留学していたイギリスのリゾート地、ブライトンにありました。
イギリスを代表する高級で瀟洒な港町には、ジョージ4世が18世紀終盤に建てたロイヤルパビリオンを代表とする町並とヴィクトリア朝時代からの繁栄の跡が色濃く残り、かたやリゾート特有の喧噪と異文化ミックスの雰囲気がとても居心地よく、そこには今まで古物などというアンティークを身にまとうことなど考えもなかった当時ファッショニスタを気取った私がトリコになってしまうアンティークショップが何軒となくありよく通ったものでした。


その後就職をし、都市の再開発と居空間の企画コーディネートに携わる中でライフスタイルと花のある生活が密着するオランダに心惹かれて拠点を移し、自身のフラワービジネスを始めた当初から、週末はアンティークマーケットに足繁く通いました。アムステルダムの古い地図絵画専門店やアンティークジュエリーショップ、まだ直通ではなかったTGVを使いパリやベルサイユの蚤の市やマルシェ闊歩を楽しみ、アンティークの文化を身近なアートとして捉えるヨーロッパ人のスタイルを学びました。
そこあったのは、古いだけでなくその古く価値あるものを大切に扱い、今の時代の生活様式に取り入れている素敵な人々の生活です。
家族が集まると古くからその家にある絵の美しいカードでゲームをする。日が暮れると老夫婦はランプを点し、一緒に暮らし始めた頃に手に入れた素晴らしい職人技の施された美しいカットのグラスにポルト酒を注ぎ乾杯する。パーティには古い時代の良質の重厚な輝きのあるダイナミックなジュエリーを纏い心躍らせ出かける。
共通するのは居心地の良いモダンなライフスタイルにクラシカルな価値あるアイテムを背伸びすることなく日常として取り入れるということでしょう。


価値ある上質なアンティークをぜひ皆様のスタイルにマッチさせ、ワードロープに加えていただきたい。そして大切に大切にしていただき、また後世に残していただきたい。
そんな思いで私共ダーリアンが皆様のお役に立てますことを願っております。



アンティークウォッチ&ジュエリー  ダーリアン 
オーナー 齋藤アツコ



 会社概要                                        

皇居にほど近く古くからの江戸屋敷町の漂いを残し、また各国の大使館が建ち並び日本と西洋両文化の風薫るエリアより
ダーリアンは価値あるアンティーク商品の数々を皆様にお届けしております。



社名
株式会社ダーリア

本店
東京都千代田区三番町7−2 3F
03 (6380) 8001

設立
2008年9月


ホームページ
http://www.dahlia.co.jp


事業内容
□ ライフスタイル事業部        http://www.antiquejewel.jp
                                             アンティーク時計とジュエリーを中心とした各種アンティークと美術品の輸入販売とコーディネート
□ 時計事業部                            http://watchmakers.dahlia.co.jp
□ フラワースタイリング事業部    
http://www.dahlia.co.jp/index-2.html 





 

戻る