アメシスト×白蝶貝 ホワイトの存在感 アールデコのストリームライン

¥87,000




大振りなアートデコの流れを汲んだアメジストと白蝶貝のヴンテージリング
華やかなたったひとつの輝き パープル×ホワイト






艶やかなパープルカラーが魅力のアメシスト(一般的にはアメジストと呼ばれていますが正しくはアメシスト)は美しく紫色に輝き、透明感があり、水晶(クォーツ)の中で最も愛されている宝石で、ジュエリーとして身につけると肌色に艶やかなアクセントを添え、深みのあるしっとりとした色で女性の魅力を引き立ててくれます。


とくにこのリングで素晴らしいのがアメシストのパープルと白蝶貝のホワイトのコンビネーション。元来大振りなジュエリーとして人気のあるアメシストをより一層華やかに魅せるように白蝶貝が競演しています。

ぼてっっとしてしまいがちな白蝶貝ですが、このリングには当時の手仕事による格子の彫が施され、何とも凛とした高貴な印象のリングです。


また、このヴィンテージリングのフォルムはストリームラインモダンの絶頂期を想像することができましょう。ストリームモダンとはアールデコから派生し1930年代から1940年頃に流行したデザインですが、流線型であることが特徴で、当時のファッションを始め建築物や様々なプロダクツに観ることができます。

現代のジュエリーとしても通用するようなスタイリッシュで華やかなデザインは、服装や機会をえらばず様々なシーンで長く活躍してくれることでしょう。


  • Material      18金ゴールド アメシスト 白蝶貝

  • Diameter    14mm

  • Ring Size    11号  

  • Condition    アンティーク商品であるため経年による小傷や擦れはありますが、特に目立った箇所もなく状態としては良好です。写真をご確認ください。




    平静と高貴のおまもり  アメシスト

    日本では昔から、紫を高貴の色として尊んできた風潮があり、値段も比較的手ごろなところから、万人向きの宝石として年齢をこえて愛好者の多い宝石です。また日本だけではなく海外でも、古くから紫色は高貴な色として敬愛され、英国王室やカトリック教会、仏教徒などさまざまな人が好んでつけたといいます。かのレオナルド・ダ・ヴィンチの書にも登場しています。
    石言葉は、「誠実」「高貴」「平静」。
    17年目の結婚記念日の宝石とされています。





カートに入れる:

  • モデル: アメジストヴィンテージリング
  • 年代 スタイル: 5. Vintage 1940s-