アンティークシードパールリング 清楚で優雅なマーキーズ型 

この商品のその他の写真 (別ウィンド)


清楚で優雅なアンティークジュエリー シードパールリング

マリーアントワネットの愛したマーキーズ



                            



 :::: 清楚で優雅なアンティークジュエリー シードパールリング            


18世紀の凝った細工とデザインのアンティークリング。

中心にセッティングされたダイアモンドを取り巻くのは14粒のサーモンピンク色のアンティークシードパール。その小さな一粒一粒は少しづつ大きさが異なり、扁平な印象になりがちな縦長のマーキーズ型を立体的にみせ、より一層指を奇麗に引き立ててくれます。

このようなパールを使用したアンティークジュエリーでは、年代を経ていることによりパールの付け替えがされていることが多いのですが、この指輪にセッティングされたパールはすべて当時のオリジナル。一粒一粒がまさにひとつだけの輝きを放っています。

シードパールは芥子(ケシ)パールともよばれ、中世からルネサンス期にかけてはダイヤモンドよりも貴重で高価なものとみなされ、王侯貴族の王冠やティアラに、あるいは貴婦人の装身具にと、さまざまな形で用いられてきました。

シードパールの清楚で優雅な風合いと、無色で光り輝く質の良いダイアモンドのコンビネーションがこのアンティーク指輪の一番の特徴でしょう。



 :::: マリーアントワネットの愛したマーキーズ                  

マーキーズとはフランス語で「侯爵」の称号を意味します。18世紀にルイ15世がポンパドール夫人にマーキーズを授けた頃、このシェイプのダイアモンドのカットが流行したことから命名されました

長い歴史を誇る指輪デザインのひとつで、先のとがった楕円形のデザインが特徴でアンティークジュエリーの中でもとても人気があり、お探しの方も多い指輪のデザインのひとつです。


18世紀から存在したこの指輪のスタイルは、かのマリーアントワネットがこよなく愛した指輪デザインでもあり、縦長のシェイプは指を一層細く美しく魅せてくれるといううれしいものです。



このマーキーズとはとてもアンティークらしいシェイプであるが故に、’クラッシックなアンティークジュエリー’のイメージが強いのですが、今回のこのマーキーズリングはとても洗練され都会的。’現代にふさわしいアンティークジュエリー’といった印象。それは地金が日本人の肌の色と相性の良いピンクゴールドがかったイエローゴールドを使用していることと、それに相性の良いサーモンピンク色のシードパールが豪華にセッティングされていることによるものでしょう。 

この素晴らしいコンビネーションは稀に見る相性の良さです。



また、リング部分は今流行の女性らしい華奢な細い作りになっており、これも現代にふさわしいアンティークジュエリーの雰囲気を盛り上げてくれています。





Model            18ct ゴールド プラチナ     (刻印あり)

: Size              14号 (サイズ調整可 別途料金 オーダー時にお申し付けください)

: Diameter       縦最大幅18mm   横最大幅9mm(ダイアモンド部分除く) 15mm(ダイアモンド部分含む)

: Condition       経年による小傷やシミ等確認できますがアンティークとしては良好なコンディションです。写真でご確認ください。


売り切れ
  • モデル: アンティークシードパールリング マーキーズ
  • 年代 スタイル: 2. Victorian 1830s-1890s