1920年製 サファイア×シードパールのローズゴールドリング

¥42,700

この商品のその他の写真 (別ウィンド)


優雅な存在感放つアンティークリング サファイア×シードパール

ジョージ5世時代の輝き



                            



 :::: 優雅な存在感放つアンティークリング サファイア×シードパール         

18世紀の凝った細工とデザインのアンティークリング。

中心にセッティングされたのは2石の直径3mmの青色のサファイアと6石のグレー色のシードパール。サファイアの放ち続ける神秘的な青色の輝き。そしてシードパールの小さな一粒一粒は少しづつ大きさが異なり、扁平な印象になりがちな横長のフェイスを立体的にみせ、より一層指を綺麗に引き立ててくれます。

このようなパールを使用したアンティークジュエリーでは、年代を経ていることによりパールの付け替えがされていることが多いのですが、この指輪にセッティングされたパールは全てオリジナル。一粒一粒がまさにこの時代にひとつだけの輝きを放っています。

シードパールはケシの実に似ていることからケシパールともよばれます。中世からルネッサンス期にかけてパールはダイヤモンドよりも貴重で高価な宝石とされ、王侯貴族の王冠やティアラに、あるいは貴婦人の装身具にとさまざまな形で用いられてきました。

シードパールの清楚で優雅な風合いと、現代ではイギリスの結婚の儀でも注目を集め人気のサファイアのコンビネーションがこのアンティークリングの一番の特徴でしょう。

 :::: ジョージ5世時代の輝き                 

このリングには1920年イギリス チェスターのホールマークが刻まれています。このリングの作られた1920年は、彼の父であり。国王名を冠した最後のエドワード7世が在位していたエドワーディアンに続く時代。それ故か、エドワーディアンの特徴の繊細なデザインの雰囲気を残しつつより存在感のあるシンメトリックのスクエア型のイメージのリングは、現代においてもアンティークのモダンスタイルというような現代に活きるイメージでなのです。




Model            9ct ローズゴールド サファイア シードパール    (刻印あり)

: Size              14.5号 (サイズ調整可 別途料金 オーダー時にお申し付けください)

: Diameter       縦最大幅8mm   横最大幅19mm

: Condition       経年による小傷やシミ等確認できますがアンティークとしては良好なコンディションです。写真でご確認ください。


カートに入れる:

  • モデル: 1920年製 サファイア×シードパールのローズゴールドリング
  • 年代 スタイル: 4. Art Deco 1920s-1930s